HOME > 過去の活動

過去の活動

写真をクリックすると、写真が拡大表示されます。
~2014年~

2014クリスマスパーティーを開催しました

2014年12月23日(祝)に「あい接骨院 伏見稲荷店・丸太町院」とグループ施設「スマイルワーク」の合同で、盛大にクリスマスパーティーを開催致しました。
昨年同様、家族も参加させていただきましたので子供たちも大喜び!
4人の幹事たちが早くから頑張って企画準備をしてくれて、ゲームやカラオケ、プレゼント抽選、そしてサンタや女装まで飛び出しての大盛り上がりであっという間の3時間が過ぎました。
この団結力や盛り上がりを各院でも活かしていき、また来年はさらにもっともっと患者様たちに喜んで頂けるようにスタッフ全員で頑張っていきたいと思います。

   

救命講習を受講しました

平成26年10月26日(日)に伏見消防署様による救命講習会を行いました。
参加者は、あい接骨院スタッフ全員とグループ施設「スマイルワーク」のスタッフ、そしてあい接骨院OBの先生と総勢16名。

最初は、現在の救急の現場や現状のお話を少しお聞きし、一時救命処置の大切さを教えて頂きました。
その後は実践に入り、心肺蘇生法(胸骨圧迫・気道確保・人工呼吸など)の手順やコツなどを指導して頂き、そしてAEDの使用方法まで行いました。

こういった講習を初めて受ける者も多く、最初はなかなか段取り良く行かなかったり、手順を間違えたりとしておりましたが、繰り返し指導して頂き、練習していく中で、全員がうまく行えるようにまでなりました。
今回の講習の内容は、頻繁に使用する事ではなく、また使用しない方が良いのですが、もしもの時の為には必ず重要な知識・技術になってきますので、今回の講習だけで終わらずに定期的に確認・復習しておき、いつでも確実に行えるように準備しておきたいと思います。

お忙しい中ご指導して頂きました伏見消防署の救急課の皆様に感謝致します。

このページの先頭へ
~2010年~

横浜ベイスターズ 塚原S&Cコーチ研修会を行いました

平成22年12月11・12日と二日間にわたり横浜ベイスターズの塚原S&Cコーチより指導していただきました。

まず初日は「あい接骨院・伏見稲荷店」にてスタッフ12名が揃い、3時間の研修を行いました。
塚原コーチの普段の仕事の流れなどお話を聞かせていただき、選手の何を見てどう考えるのか。こういう時には何をしてやるべきなのか・・・などなど。
非常にわかりやすく、すぐにでも現場で使える事もたくさん教えていただきました。
もちろんこれからどんどん練習して覚えて行かなければならないこともたくさんあります。
中には自分たちで体を動かしながら実践の中で指導していただくこともあり身をもって体験する事が出来ました。
そして最後にはスタッフ全員からの色々な質問にも詳しく答えていただき本当に充実した3時間でした!!

二日目は中学生硬式野球チームの選手を対象に現場での研修です。
ウォーミングアップから始まりトレーニングやランニング、そしてクールダウンまで一緒に動きながらこの日も非常に中身の濃い研修となりました。
ランニングフォームや選手個々の柔軟性を見ながら、その選手には何が必要なのか、どうすれば改善していくのかなど細かくアドバイスをされている点などは大変参考になりました。
選手によっての特徴や体力・能力に差がある事を考えながら指導するといった点は、患者さんの症状がそれぞれ違うなかでその方にあった治療をするということと大きく共通すると思いますので、良い勉強になりました。

二日間、大変充実した内容の熱いご指導をして頂き本当にありがとうございました。

野球教室に参加いたしました

平成22年2月21日(日)、院長・梅本の先輩の「(株)鳴海餅本店」が後援されている小・中学生対象の野球教室に参加し、指導方法などを勉強してきました。私は今年で4回目の参加となります。
指導者はプロ野球OBの村上隆行氏(元近鉄・西武)、苫篠賢治氏(元ヤクルト)、野田浩司氏(元阪神・オリックス)、大門和彦氏(元横浜・阪神)と有名選手ばかりが揃われていました。
年によっては大雪の時もあったのですが、この日は気温も上がり暖かく最高の天気の元、朝10時から夕方4時まで走塁から守備連携、バッティング、ピッチングと中身の濃い指導が行われ、まだまだ時間が足りないくらいでした。教室の最後には、選ばれた2選手が村上選手のピッチングと対戦するといったエキシビジョンも行われました。変化球も交えてのかなり本気の投球でしたが、2人目の中学生のバッターが右中間へクリーンヒットを放ち大変盛り上がったところで終了いたしました。
毎年そうなんですが、子供たちの礼儀正しい姿やキビキビした動き、真剣な顔で指導を聞いている表情など、見ていても気持ちのいいところがたくさんありました。
また指導方法については、例年とは指導者の顔ぶれも少し変られていて新しいこともたくさん吸収させていただきました。この様なかたちでもっともっと知識を増やして、「あい接骨院」に来てくれている子供たちにも指導していき、いい選手に成長していい成績が残せるようにお手伝いをしていきたいと思います。

ビジョンセミナーに参加いたしました

平成22年2月20日(土)、院長・梅本の野球部の先輩が経営されている「アイケアコンタクト四条」主催のビジョンセミナー「眼と心・技・体」に参加させていただきました。講師の先生は、オリックス時代のイチローにも指導されていたことで有名な田村知則先生です。
参加者は中高生を指導されている監督さんから社会人野球の選手、またプロ野球OB選手も4名受講されておりました。
内容は、一般的な視力とスポーツの動きの中での視力の違いや、ボールを眼で追いかける時に眼球がどのような動きをしているのか、眼の動きには心も大きく影響している等、実際に選手にテストを行いながら講義をしていただき、あっという間に終わってしまいました。簡単なテスト法などは院内でもできそうなものもありましたので、当院に来てくれている選手たちにも眼の重要性を説明しながらアドバイスしてあげたいと思います。
また、セミナーのあとには懇親会にも参加させていただき、たくさんのチームの監督さんや関係者の方々とお話が出来て大変有意義な時間となりました。

このページの先頭へ
~2009年~

テーピング講習会を行いました

7月25日(土)の午後からテーピング講習会を「あい接骨院」で行いました!
講師には現場で活躍されている粟谷健礼トレーナーに来ていただき、足関節のテーピングを中心に約3時間、途中休憩を忘れてしまうぐらい集中した講習会でした。
粟谷トレーナーは特にアメフト、ラグビーのトレーナーを経験されており、現場で役立つことを教えていただきました。その中で、基本の巻き方は教科書に書いてあるけど、選手や患者様の足首の形や制限したい方向など一人一人に合わせたテーピングを巻くことが大事だと学びました。他の院から参加された先生方も普段なかなかテーピングを学ぶ機会も少ないので良かった!との声もいただき非常に有意義な3時間となりました。
今回学んだことを患者様に還元できるようにしっかり練習して技術を身に付けていきたいと思ます!
最後に、今回の講習会に御協力いただきました電波工業の田中様、丁寧に指導していただいた粟谷トレーナー、アシスタントの野口様に感謝致します。 本当にありがとうございました。

アイディーグループBBQ

7月4日(土)、京都の美山町にアイディーグループのメンバーや家族約20名でバーべキューに行ってきました!!
市内より1時間半程かけて観光農園江和ランドと言う施設内で牛、地鶏、鹿、鮎と豪勢なバーべキューを堪能してきました。
清流と広大な大自然の中でほのかに漂う牛舎の香り、そこで味わう牛肉は感動的でした!鹿肉はお刺身で食べれる鮮度、鮎も最高でした。家族で参加されてる方々も居られて夜には子供達と花火で盛り上がり花火も終わろうとした時、暗闇に人工の物ではない光が!?そうです蛍です!!子供達が花火で楽しんだ後に大人も楽しめる自然からのサプライズがありました。蛍の光は本当に感動的でずっと見ておきたいと思わせる輝きがありました。短い時間でしたが美山の大自然を肌で感じ楽しめました、今回、企画、準備等してくださった方々に感謝します!! (文責 久保 輝洋)

第2回アイディーグループ社員旅行

 2月21・22日に我がアイディーグループは山中温泉社員へ旅行に行ってきました。前回は車3台での移動でしたが、「ドライバーは飲めへんやないけ!」という声に配慮しまして、サンダーバードで現地に向かいました。車中から少々お酒が入りましたが周りにご迷惑をおかけすることなく静かに!?大人しく!? 到着でき、また季節的に雨雪を懸念していましたが、日頃の行いが良いせいか滞在中は天気に恵まれました。
 宿泊先は「百峰閣」さん。露天風呂が目玉との言葉通り、川沿いで眼下にせせらぎの音が聞こえる露天風呂はなかなか風情のあるものでまさしく「癒し」てくれました。メンバーの多くが30代後半から40代以上のためか、この年齢になって総じてカラダが大きく成長してしまって・・・にもかかわらず食べまくり飲みまくりでメタボが心配でたまりません(私自身も含む)。
 保険部門は四条烏丸、接骨院は伏見稲荷と普段はなかなか顔を合わせる機会が少ないのですが、旅行のようなプライベートの時間を共有することでさらに連帯感が強まったと思います。早くも第3回の企画立案の話も出ており、気持ちを新たにリフレッシュした2日間でした。最後になりましたが幹事の十念さんお疲れ様でした!   (文責:横山)

このページの先頭へ
~2008年~

KBS京都ラジオが取材に来て下さいました!

 3月24日の昼休み中に突然、KBS京都ラジオのパーソナリティの伊舞なおみさんとディレクターの田中雅子さんが取材に来られました。  なぜかと言いますと、あい接骨院の下にあるキックボクシングジムの松下ミツヤ会長が紹介して下さったそうで、スポーツ選手がたくさん来院しているということと、酸素カプセルがあることに興味をもたれたそうで。
 スポーツや運動に関わるいろいろな所に行かれて体験するといった感じの番組のようで、あい接骨院でも酸素カプセルからウォーターベッド、ストレッチベンチ、トレーニング、その他もろもろ体験され田中ディレクターさんはウォーターベッドで爆睡されていたような感じでした。
 いろいろと体験された後で、「すごく気に入ったので仕事とは別でまた来たいです」と言ってくださったのがほんとうにうれしかったです。是非またお待ちしております。

番組  KBS京都ラジオ 毎週日曜日 13:00~17:00
     「伊舞なおみのみんながメダリスト」

    左:ディレクター 田中雅子さん
右:パーソナリティー 伊舞なおみさん

アイディーグループ社員旅行!

 我々アイディーコンサルティング、アイディーリンク、アイディーケア(あい接骨院)の3社15名は、2月16・17日に「第1回アイディーグループ社員旅行」に行ってきました。
 行き先は淡路島!ホテルニュ~~ア・ワ・ジ♪のCMで有名な“ホテルニューアワジ別亭淡路夢泉景”に宿泊する1泊2日の旅行です。
 3台に分乗してホテルに着いたのが午後3~5時。初日は温泉と宴会ということになりました。大門社長の挨拶、松本氏の乾杯の音頭で始まった大宴会は、その後会場を客室に移し、ジャラジャラゴクゴクと夜は更けていきました・・・
 2日目午前は全員で鳴門海峡の渦潮見学。満潮時刻からずれていたため小さな渦潮しか見られませんでしたが、ここでちょっとした発見がありました。実はD 氏、M氏が高所恐怖症だったのです。下の写真は、渦潮見学後陸地に降りてからのものですが、M氏の引きつった顔が・・・(笑)  午後からは急遽決定した3班に分かれての行動でした。Aチームの3名は大塚国際美術館。大塚グループが徳島県鳴門市に設立した「陶板名画美術館」です。システィーナ礼拝堂天井画を陶板で完全再現した大ホールやモナリザ、最後の晩餐、夜警等素晴らしい作品の数々を目の当たりにしました。心が洗われるとはこういうことを言うのだろうなぁと感動の2時間でした。また行きたい!
 Bチーム8人は水仙見学と謎のパラダイス!?へ・・・これは内容記述を控えさせていただきます・・・
 Cチームはまたまた温泉に入りたいという4人組。迷わずこのコースを選択した、というより自ら企画したのがIさん。心底お風呂が大好きみたいでして・・・
 帰路は淡路島を走っている最中から積もらんばかりの吹雪が!
 ハプニングいっぱいの第1回社員旅行も、予定時間を3時間程度オーバーして無事に到着。来年の第2回を今から心待ちにしているワタクシです。  (文責 横山 真)

プロ野球・横浜ベイスターズの塚原S&Cコーチによる研修会を行いました!!

 1月27日(日)に横浜ベイスターズの塚原S&Cコーチの直接指導による研修会をあい接骨院にて行いました。
 あい接骨院とつながりのある先生方や、通院している小学生から社会人までのアスリート達にも参加していただき総勢18名にて行いました。
 午前の部は、柔道整復師やトレーナーなどが中心に講義を受けました。社会福祉法人 宇治明星園 莵道明星園 普段、塚原コーチがベイスターズの選手に対して意識されていることなどから小学生のトレーニングに対する考え方まで様々な内容を聞かせていただきました。
 午後の部は、少年野球の子から高校生、社会人の選手にも参加していただき、実際に抱えている問題などを中心に塚原コーチに見ていただき、予防法やトレーニング法の指導を受けました。
今回の研修で学んだことを、これから「あい接骨院」にきてくれるアスリート達や患者さん達に活かせていけるよう、さらに努力をしていきたいと思います。

塚原S&Cコーチ    

第2回あい接骨院野球教室を開催しました!

 1月19日(土)、“街の健康応援団”あい接骨院のスタッフは、月輪スポーツ少年団の野球教室を行いました。
 元プロ野球投手の大門代表と現役社会人野球選手の梅本院長とが指導にあたりましたが、球の握り方やキャッチボールの仕方など、基本中の基本を指導しています。プロ野球選手になっても基本を何度も何度も繰り返しているからです。
 今回の教室で驚いたのは、短い距離で素早くキャッチボールをする練習の際の足のステップです。低学年の子供達を含め月輪の選手達のほとんどができていたのにはびっくりさせられました。
 月輪スポーツ少年団の17名の選手は、指導の言葉一つひとつに全員が「はい!!」と大きな声で返事をする、とても気持ちの良いチームです。(後日選手から聞くと、「最初怖い顔した人が来はってちょっと怖かったけど、教えてくれたら優しくて楽しかった」とのことでしたが・・・)
 今後も院内での指導に生かしていけるよう、私達も頑張るぞ!というすがすがしい気持ちにさせてもらいました。

このページの先頭へ
~2007年~

プロ野球・横浜ベイスターズが誇る“日本一の名トレーナー”から直々に指導を受けました!!

 12月9日(日)、横浜ベイスターズ升永チーフトレーナーに施術指導をいただきました。
升永氏は長年横浜ベイスターズで選手のボディケアをされており、大洋ホエールズ当時の屋敷氏・高木豊氏らをはじめ、現在も三浦大輔投手や石井琢朗選手など数々の選手のケアを行っていらっしゃいます。もちろん当院の社長である大門和彦も現役当時には升永氏のトレーニングやリハビリ指導を受けてきました。
 プロ野球というのは、どんなに才能に恵まれていてもケガで野球人生を棒に振ってしまって、その才能を開花させることなく引退していった選手が数え切れないほどいる厳しい世界です。社会福祉法人 宇治明星園 莵道明星園そうした世界で、ケガを治す、ケガをしにくい身体を作る非常に責任のある仕事をされている方から指導を受ける機会を得ることができたのです。
 当日は、市内の高校生やシニアの野球選手と指導者にも参加していただき、プロのボディケア方法を直接教えていただきました。痛めている箇所を的確に見つけて、選手の年齢や故障の程度に応じた強弱をつけたマッサージをされる姿を、目と耳と手に神経を集中させて必死で学びました。
 学んだのは技術的なことだけではありません。選手(患者様)とのコミュニケーションのとり方やリラックスしていただける話し方等、ソフト面での気づきもたいへん参考になりました。
升永氏は横浜ベイスターズを代表するというより、日本プロ野球界を代表する“日本一の名トレーナー”であります。このような偉大なトレーナーの方から直接6時間にも渡って指導を受けられるのは本当に幸せなことであります。
 現状の技術に満足することなく、こうした技術訓練を常に継続していき向上心を持ち続けていきます!

升永チーフトレーナー    
 

あい接骨院野球教室を開催しました!

 去る11月24日(土)、私達あい接骨院のメンバーは、深草ジャガーズの子供達の野球教室の野球指導を行いました。この小さな球児たちは礼儀正しく、元気なあいさつをしてくれて、気持ちよく教室をスタートできました。
 基本中の基本であるボールの握り方から始まって、キャッチボール、トスバッティング、守備やピッチングに至るまで内容たっぷりの3時間でした。
 深草ジャガーズの皆さんは、保護者を含めた指導者の方たちの熱心な協力もあって、とてもさかんな活動を続けてらっしゃいます。野球の技術のみならず、あいさつ等の基本的生活習慣も身につけて、ますます良いチームになるお手伝いができればと思い、今後もかかわりを持ち続けていきたいと思います。

ボランティアに行ってきました!

去る9月2日(日)、私達あい接骨院のメンバー全員で宇治市の「社会福祉法人 宇治明星園 莵道明星園」に行ってきました。
莵道明星園は特別養護老人ホームからデイサービスに至るまで、高齢者の方々へのケアを行っている歴史のある園です。私達は「マッサージによるボランティアで皆さんに喜んでもらいたい!」との思いから今回訪問させていただいたのです。
やはり最初は知らない人が来たと警戒されたのか慎重な方が多かったのですが、おばあちゃんがお二人ニコニコと歩いてきてくださいました。足のマッサージ(皆さんご存知のメドマーです)社会福祉法人 宇治明星園 莵道明星園とスタッフによるマッサージをさせていただいたのですが、マッサージは初体験の方が多く、「こんなに気持ちいいものなんやねぇ」と何度もおっしゃっていただき、ボランティアで来た私達の方が嬉しくなってしまいました。
そのあとはひっきりなしに来てくださって、中には95歳になるおばあちゃんもいらっしゃいました。拝んでくださる方までいて、こちらの方が恐縮するほどです。
3時間余りの訪問でしたが、帰りぎわには握手を求められるほどでして、訪問した私達の方が心温まる思いで気持ちよくさせていただきました。
私達ができることはほんのちっぽけなことかもしれませんが、こうしたことから社会に貢献していきたい!と決意を新たにしました。

このページの先頭へ